« March 2005 | Main

April 27, 2005

チャジャン麺。休暇旅行の思い出、韓国に行った友達の冒険譚。

ブラックデー。黒い味噌のチャジャン麺とブラックコーヒーは素敵な出会いを求めているシルシとか。

好奇心旺盛で、旅行というよりも冒険好きな友だち。でも彼は異性にはからきし弱い。そんな友だちが、韓国の友だちを頼って、去年だったか、ソウルの夜に・・・。

4月始め、彼は韓国に渡り、旅行しました。韓国に案内してくれる親切な友だちが居るらしく、結構楽しい旅行だったのですが。そして、日本に帰る前の夜のことでした。

その夜は4月14日。最後の日だから、出来るだけ良い所に案内してやると言われたのです。それが漢江の近くのラーメン屋さん。大きな丸いテーブルに一人用の席が囲むように並んでいたそうです。 向かいの、といっても結構離れている席に、若い女性が二人。

韓国の友人が店員に注文すると、黒い味噌の入った麺が来たそうです。すると、向かいの席の女性たちが、友人たちをみているのです。彼女らも同じ黒い味噌の入った麺を食べていたそうです。

すると何が起きたと思います。いきなり、友だちの友人が、向かいの席の女の子たちに向かって、
「彼は日本の友人です、今日がソウルの最後の日なんですよ」
とかなんとか切り出したそうです。(後で聞いたことです)そして、コーヒーでもいかが、と誘ったのです。

私の友人は顔から火が出るほど恥ずかしいというか、韓国の友人の大胆さに驚いたそうですが。さらに驚いたのは、女の子たちが、コーヒーなら付き合ってくれるといったことでした。

そして、友だちのたどたどしい翻訳を間にはさみ、楽しい夜のひと時だったそうです。(韓国ですからとてもプラトニックなというか清潔な展開だったそうです)

翌朝、彼の韓国の友人は空港まで送ってくれたのですが、あの女の子の一人が見送りに来てくれたそうです。それきり、互いに連絡は無いとのことです。
(このお話には、創作が入ってます)

| | Comments (4959) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main